11月11日の「ベースの日」に開催されたJ-WAVE ベース・ロワイアルに亀田誠治、KenKenらが出演!

2015年11月15日 / 14:00

11月11日(水)@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP's)

FMラジオ局 J-WAVEが11月11日に恵比寿リキッドルームにて、ベースの日を祝うイベント「J-WAVE ベース・ロワイアル」を開催した。これはベーシストの亀田誠治が提案し、記念日として正式登録後、今回が初めてとなる。

同イベントは、日本を代表するベーシストの、亀田誠治、KenKen、TOKIE、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が、それぞれジャンルレスにセッション相手を迎え、一期一会のバトル・パフォーマンスを展開するライブ・イベント。

11月11日は、1111を四弦に見立てた「ベースの日」。これは音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治が発起人となって日本記念日協会に登録して認定された公式な記念日。ベースという楽器そしてベーシストの地位を向上させたい、楽器を演奏する楽しさを伝えたい、普段あまり耳がいかないベースにスポットを当てることで音楽の奥深さを伝えたい、様々な想いが込められた日だ。

今年が登録後元年となることから、亀田誠治を中心に彼がレギュラー番組を持っているJ-WAVE(81.3FM)とベースの日実行委員会を立ち上げ、この記念日を盛り上げている。J-WAVEの放送では一日中「ベースがかっこいい曲」が流されるという世界的にもあまり例を見ない特集が行われた。ラリー・グラハムが生ゲストで登場したり、スタンリー・クラークのインタビューを流したり、世界的なベーシストも主旨に賛同し出演していた。

この日の夜、恵比寿リキッドルームでは「J-WAVE ベース・ロワイアル」という日本を代表するベーシストを集めたイベントが開催された。参加メンバーは、OKAMOTO’Sのハマ・オカモト、RIZEのKenKen、様々なアーティストのサポート・ベースで知られるTOKIE、そして元東京事変のベーシストでもあった亀田誠治という4人のベーシスト。彼らが思い思いのゲストを迎え、バトル・セッションを繰り広げた。

入場チケットは発売即完売という状況だっただけに、これから目の前で行われる予測不可能な一夜限りのセッションを体験したいという音楽ファンの熱気で開演前からヒートアップ。異様な空気に包まれていた。

大きな歓声の中、トップ登場したベーシストは、ハマ・オカモト。オーディエンスに手拍子をリクエスト、クラップに乗せてグルービーなフレーズを弾いていく。そこに次々とゲストが登場、まずはドラムス、オカモトレイジ、続いてペトロールズの長岡亮介が加わり、曲がダニー・ハサウェイの「ザ・ゲットー」だということが分かる。この曲に「低音がめっちゃ好き、待ちわびたベースの日」という歌詞をつけて、会場と大合唱。続いては、この日のためのオリジナル曲。ズットズレテルズのラッパーの呂布が飛び入りして、ベースの日をセレブレイトするパフォーマンスを披露した。

2組目はKenKen。ステージセンターに威風堂々と立ち、まずは一人きりでベースとラップでパフォーマンス。続いて、ゲストとしてドラム缶をパーカッションとして叩くスティーヴエトウ、蛍光灯を楽器として鳴らすオプトロン伊東という奇想天外の2人を呼び込む。照明を暗転させ、蛍光灯がストロボのように点滅する中、見たことも聴いたこともないような唯一無二のインプロビゼイションを披露。まるでメディア・アートのような芸術性の高いベース・パフォーマンスだった。

3番手はTOKIE。元ナンバーガールのベーシスト中尾憲太郎、ドラムにはtoeそしてThe HIATUSの柏倉隆史を迎えた3人編成。ベースとベースでアンサンブルができるということを証明したかったとのちのMCで語ったように、重低音が見事に絡み合っていく。グルーヴという言葉では表しきれないようなビートが会場を覆った時、サプライズ・ゲストでDragon AshのダンサーATSUSHIが登場。その得も言われぬうねりに激しくも美しい舞を捧げた。

そして、トリはベースの日の発起人、亀田誠治が登場。ゲストはKREVA。DJに熊井吾郎をフィーチャーし「音色」からスローにスタート。徐々にラップとベースの掛け合いを展開し、ヒートアップ。ラストは、まさかのKREVAの「C’mon, Let’s go」と亀田が手掛けた曲、椎名林檎の「丸ノ内サディスティック」のマッシュアップで大いに盛り上がった。

アンコールは、ベーシスト5人よる即興セッション。5本のベースが地鳴りのように会場に響く。それぞれの力を十分に見せつけて、ライブは大団円を迎えた。

「ベースだけに限らない音楽のムーヴメントになれば」と亀田誠治が当日のJ-WAVEの放送で語ったように、この日はあくまでも出発点。「ベースの日」はtwitterのトレンドに入り、NHKのニュースでも報道された。出演者全員、来年以降この記念日が大きなムーヴメントになる手ごたえを得たと思う。

ライブの模様は11月18日(水)11:30 ~14:00のJ-WAVE(81.3FM)「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)で放送される。

【ベースの日とは】

FMラジオ局 J-WAVE(81.3FM)月~木曜11:30~14:00放送中の番組『BEAT PLANET』のコーナー「BEHIND THE MELODY ~FM KAMEDA」の中で、ナビゲーターを務めるベーシストの亀田誠治が2013年に提案し、2014年、有志により「ベースの日制定委員会」が結成され、J-WAVEの音楽専門クラウドファンディング「J-CROWD MUSIC」を通して賛同を集め、記念日協会に登録、正式に11月11日が「ベースの日」として認定された。


音楽ニュースMUSIC NEWS

A.B.C-Z、グループ初の学園ドラマ『ワンモア』主題歌は新曲「灯」

J-POP2021年2月27日

 A.B.C-Zが新曲「灯(あかり)」が、2021年4月から放送となるA.B.C-Z初の学園ドラマ『ワンモア』の主題歌に決定した。  主題歌「灯」はドラマをイメージした書き下ろし楽曲で、何度だってやり直せるというメッセージが込められたミドル … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】星野源「創造」がAdo「うっせぇわ」の連覇を押さえ首位に NiziU/あいみょんがトップ10入り

J-POP2021年2月27日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。星野源「創造」が首位を獲得した。  本作は『スーパーマリオブラザーズ … 続きを読む

ダフト・パンクが解散、カーディ・Bがマライアと対談、オリヴィア・ロドリゴ6週連続1位:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2021年2月27日

 今週の洋楽まとめニュースは、ダフト・パンクに関する話題から。現地時間2021年2月22日、ダフト・パンクが解散を発表し、28年間の活動に終止符を打った。ダフト・パンクの長年の広報担当であるキャサリン・フレイザーは、ギ=マニュエル・ド・オメ … 続きを読む

SixTONES&NCT 127総合1位、えんぴつ×クレヨンがコラボ、あいみょん「裸の心」2億突破:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2021年2月27日

 2021年3月1日付のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”でSixTONESの「僕が僕じゃないみたいだ」が総合首位を獲得した。初週436,911枚を売り上げてCDセールス、CD読み取り回数のル … 続きを読む

ソナーポケットが『blackboard』初登場、コロナ禍で生まれた新曲「80億分の1」を披露

J-POP2021年2月26日

 2月10日にニュー・アルバム『80億分の1 ~to you~』をリリースしたソナーポケットが、YouTubeチャンネル『blackboard』に初登場する。 https://youtu.be/FBNAgq2fvks  『blackboar … 続きを読む

amazon

page top