家入レオ×大原櫻子、同世代カップリングライヴでセッションも!

2015年10月14日 / 15:30

10月13日@Zepp Tokyo (okmusic UP's)

「ビクターロック祭り2016」の開催を2016年2月14日に控える中、そのイベントの番外編として10月13日(火)に注目の同世代女性シンガー、家入レオと大原櫻子が初のカップリングライヴを行なった。

開演と同時にBGMに乗って、白と青の爽やかな衣装に身を包んだ大原櫻子が登場。「Over The Rainbow」で歌声をステージから響かせ、“こんばんは~大原櫻子です! 今日は楽しんでいくぞ~”とファンを盛り上げる。会場が一瞬静まり、ギターのオープンコードがかすかに聞こえると、「明日も」のイントロパートをアカペラで歌い上げ、瞬く間に2,700人の観客を魅了した。

“本日はビクターロック祭り番外編ということで、私の大好きな、尊敬する家入レオさんとライブができて、とてもルンルンしてます! デビュー前から大好きで、ライブも見せてもらったりしていた憧れの存在なので、とても嬉しいです。2人でイベントを盛り上げていければと思っていますので、宜しくお願いします!!”と思いを述べると、リリースしたばかりのシングル「真夏の太陽」、そして“このイベントが近付いて来たので、みんなで一緒に歌いたいなと思います!”と呼びかけ、コール&レスポンスを交えながらの「オレンジのハッピーハロウィン」と、季節感が漂う2曲でさらに盛り上げる。続いて、「瞳」の1番をアコースティック編成で披露し、会場をやさしく包み込むと、割れんばかりの拍手が巻き起こった。

そして、“まだまだみんな元気は残ってるかー!? まだまだ歌っていきたいかー!?”と、手拍子とタオル回しで盛り上げた「頑張ったっていいんじゃない」に続き、最後の曲「Happy Days」では2,700人の“HAPPYダンス”で会場を熱気に包み、約45分にわたる大原櫻子のステージは終了した。

15分の休憩のあと、次に控えるのは家入レオ。ステージへ登場すると、ロックナンバー「純情」を激しく歌い上げ、いきなり会場の熱気は最高潮に! “みなさんこんばんは、家入レオです! 今日は盛り上がっていきましょう!”と挨拶すると、「Shine」「太陽の女神」と言ったヒットナンバーを披露。“私、2マンライブは今回が初めてなんですよ。記念すべきその第1回目を、大原櫻子ちゃんと一緒に迎えることが出来て、とても嬉しいです!”とMCし、“櫻子ちゃんとは夏に歌番組でコラボしたんですけど、その時お会いするのがほぼ初めてという状況で。人見知りだからなかなか話しかけられなかったんですけど、シーンとした楽屋で、勇気を出して、櫻子ちゃんの『明日も』を携帯で流してみたの。それで恐る恐る隣を見てみたら、櫻子ちゃんの太陽みたいな笑顔がそこにあってね。なんてかわいいんだろうって思って(笑)。この前、2人で朝ごはんにも行ったの!”と、大原との仲良しエピソードを話す場面も。そして、「Silly」「Still」をしっとりと聴かせ、続く「lost in the dream」では、力強いギター演奏で観客を沸かせた。

“いろんなご縁があって、櫻子ちゃんが出演していたドラマ『恋仲』の主題歌を私が歌わせて頂いたんですけど、これからその曲を歌いたいと思います”と、大ヒット中のナンバー「君がくれた夏」も披露。その後は“盛り上がってくぞ!”という掛け声から、「勇気のしるし」「Linda」「サブリナ」とアップテンポなナンバーを畳みかけ、観客とのコール&レスポンスでは“ビクター! ビクター! 櫻子! 櫻子! レオ! レオ!”と煽る。「希望の地球」のラスト、会場全員でジャンプして一体感に包まれる中、家入はステージを後にした。

鳴り止まないアンコールの中、まさかの大原のツアーTシャツに着替えた家入が登場。“大原櫻子ちゃんのファン、見えるかー!?(笑)”と呼びかけると、会場は一気に大盛り上がり。そして家入が“今日はせっかくの2マンライブなので…お呼びしたいと思います、大原櫻子ちゃん!”と呼び込むと、今度は家入のファンクラブTシャツを着用した大原がステージに登場。家入と同じように、“家入レオちゃんファン、見えるかー!?(笑)”と観客に声を掛け、熱いハグを交わした2人の姿に、大歓声が沸き起こった。

“『恋仲』の櫻子ちゃん、すごく素敵だったよね!? 私も毎回ドキドキしながら拝見していたんですけど…今日はせっかくなので、櫻子ちゃんとコラボしたいと思います!”と家入が切り出し、ドラマ『恋仲』の主題歌「君がくれた夏」を2人でセッション。歌い終わったあと、2人は再びハグを交わしていた。“一歳違いということで、同世代なので、また2人でいろいろ出来たらいいね。音楽活動や女優業、お互いに頑張っていきましょう!”と激励し合った家入と大原。ラストは仲良く手を繋ぎ、“ありがとうございましたー!”と会場に生声で挨拶し、約2時間半に及ぶ熱いカップリングライヴは幕を閉じた。

また、2月14日(日)に行なわれる「ビクターロック祭り2016」の出演権をかけたオーディション「ワン!チャン!!」の開催も発表され、同時に「ビクターロック祭り2016超早割チケット」として¥6,900(税込・ロック価格)での先行チケット発売も決定した。詳しくは、「ビクターロック祭り2016」のオフィシャルHPへ! なお、「ビクターロック祭り2016」の第1弾アーティスト発表は11月末日を予定している。

■「ビクターロック祭り2016」オフィシャルHP 

http://www.rockmatsuri.com/

■家入レオ オフィシャルHP 

http://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

■大原櫻子オフィシャルHP 

http://sakurako-web.com/

「ビクターロック祭り2016」
2016年2月14日(日) 幕張メッセ国際展示場

出演者:11月末発表予定


音楽ニュースMUSIC NEWS

ジュース・ワールド、ホールジーを迎えた新曲を解禁&アルバムの発売も発表

洋楽2020年7月8日

 2019年12月に21歳の若さで死去した米シカゴ出身のラッパー、シンガー・ソングライターのジュース・ワールドが、ホールジーをフィーチャリングに迎えた新曲「Life’s A Mess」を世界同時解禁した。同時に公開されたオフィシャルのヴィジ … 続きを読む

進化を続けるオルタナティヴ・ロック界のカリスマ、ベックの誕生日

洋楽2020年7月8日

 7月8日はベックの50歳の誕生日。  ベックは1970年7月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。90年代前半にインディー・ロック界に彗星の如く現れ、様々なルーツ・ミュージックを包括した独創的なサウンドで常にオルタナティブ・ロック・ … 続きを読む

Kitri、レギュラーラジオ番組OAスタート&配信シングル「Lily」のリリックビデオ公開

J-POP2020年7月8日

 Kitri初のラジオレギュラー番組『E∞Tracks Selection ~Kitriのきとりごとらじお~』が、本日7月8日よりFM大阪にてスタートする。  同番組は、FM大阪のパワープレイやE∞Tracksに選ばれるなど、同局と関係の深 … 続きを読む

Co shu Nie、新曲「FLARE」は“人”を主人公とした現代の主題歌

J-POP2020年7月8日

 Co shu Nieが、新曲「FLARE」を配信リリースした。  新型コロナウイルスの影響により、今年1月から開催していたアルバムリリースツアー公演を延期し、その振替公演を7月に開催を予定していたものの、この振替公演も中止という結論を発表 … 続きを読む

KEIJU、新ALから「Play Fast」先行配信開始&オフィシャルオーディオ映像公開

J-POP2020年7月8日

 KEIJUが、アルバム『T.A.T.O.』からGottz(KANDYTOWN)が参加した楽曲「Play Fast」の先行配信を開始した。  Hookでは、“早く走る毎日がRace 今は忘れたくないこと彫る体 I’m just rappin … 続きを読む

page top