八代亜紀、第​28​回東京国際映画祭にて開催​されるフリーコンサート​への出演が決定

2015年9月25日 / 16:00

「​CINEMA MUSIC JAM produced by J-WAVE​」​ (okmusic UP's)

10​月​22​日(木)~​10​月​31​日(土)に​開催される​第​28​回東京国際映画祭にて、​昨年大好評を博したフリー・コンサート​​「CINEMA MUSIC JAM produced by J-WAVE」に​​八代亜紀が出演する事が決定​した。

​同コンサートは、​10​月​26​日(月)~​10​月​30​日(金)の間に開催し、映画を愛するミュージシャン達がジャンルを超えて六本木ヒルズアリーナに集結​。映画音楽の数々で六本木​の夜​​​を盛り上げる音楽イベント​だ​。

八代亜紀は、10月28日に寺岡呼人プロデュースによる初のブルースアルバムをリリースすることを先日発表​したばかり​。洋邦の「ブルース」のカバー曲に加え、THE BAWDIES、横山剣、中村 中提供の新曲で構成される全12曲収録の「2015年の新しいブルース」を表現し​た作品に、大きな注目が集まる中での出演となる。そしてアルバム発売日前日となるこのイベントでは、大ヒット映画の主題歌はもちろんのこと、ニューアルバムからの楽曲もいち早くライブで披露する予定​だ​。

本イベントでは昨年に続き、TOKU (ヴォーカル/フリューゲルホーン)、溝口肇(チェロ)、サラ・オレイン(ヴォーカル/ヴァイオリン) を中心とした実力派ミュージシャン達のレギュラー出演​に​加え、更に今年は日替わり​で​のゲストを迎え​る​。八代亜紀の他、​26​日(月)のオープニングを飾るクリス・ハート、平​​原綾香、石井竜也と​、​連日​​豪華な面々が出演​するので、気になった方は是非足を運んで欲しい​。

「CINEMA MUSIC JAM produced by J-WAVE」
【開催期間】

​10​月​26​日(月)~​10​月​30​日(金)

​【​場所】

六本木ヒルズ・アリーナ

【​時間】​19:00~

■レギュラー・メンバー

TOKU (vo,flh) 溝口肇(cello) サラ・オレイン(vo& vn) 宮川純(Piano) 菅野知明(Ds)

■スケジュール​​

​10​月​26​日(月)​ ​クリス・ハート

​10​月​27​日(火) 八代亜紀

​10​月​28​日(水) 平原綾香

​10​月​29​日(木) 純名里沙

​10​月​30​日(金) 石井竜也

※全日、どなたでも無料でご覧いただけます。

※満員の場合はご覧頂けない場合がございます。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【NEW MUSIC】今週リリースされた注目の洋楽ソング25選(4/26付)

洋楽2019年4月26日

 ポップ、R&B、ヒップホップ、ロック、EDM、ジャズ……毎週数多くリリースされる新曲、カヴァー、リミックスなどの中から、注目の洋楽ソングを25曲ピックアップ。これからチャート賑わせそうな話題の1曲から玄人好みの味わい深さを持つナン … 続きを読む

テイラー・スウィフトが影響を受けた3つのものとは?

洋楽2019年4月26日

 先日発表された2019年の「最も影響力のある100人」に関連し、米誌タイムがテイラー・スウィフトのインタビュー動画を公開した。同リストで“アイコン”に選ばれたテイラーは、自身に影響を与えた3つのものを紹介している。  第3位として彼女がま … 続きを読む

BTS (防弾少年団)ワールドスタジアムツアー、全国映画館でロンドン公演ディレイビューイング

J-POP2019年4月26日

 BTS (防弾少年団)のワールドスタジアムツアー【BTS WORLD TOUR `LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF`】より、ロンドン・ウェンブリースタジアム公演が、全国の映画館にてディレイビューイングされる。   … 続きを読む

眉村ちあき、新曲「奇跡・神の子・天才犬!」MV公開

J-POP2019年4月26日

 眉村ちあきが、新曲「奇跡・神の子・天才犬!」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/NEPliAfM4Eo)。  同作は「東京留守番電話ップ」や「ピッコロ虫」、「ブラボー」などのミュージックビデオや、11月に開催 … 続きを読む

田村芽実、アン・ルイスをピアノ伴奏で情感深く歌唱「田村芽実COVERS」企画スタート

J-POP2019年4月26日

 田村芽実(元アンジュルム)の「田村芽実COVERS」企画が、YouTubeチャンネルにてスタートした。  これは、田村芽実が大好きな曲を選んでカバーするというシンプルな番組企画で、記念すべき1回目は、アン・ルイスの「グッド・バイ・マイ・ラ … 続きを読む

page top