GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、大盛況のうちに幕!

2015年8月25日 / 18:00

(okmusic UP's)

LIM SPANKYと総合デザインスクール バンタンデザイン研究所、そして音楽専門学校の東京スクールオブミュージック専門学校渋谷により発足した、学生がプロデュースする学生のためのフリーライヴプロジェクト。8月18日(火)、いよいよ本番であるフリーライヴが開催され、熱いステージが繰り広げられた。

踊らせる意図を持った音楽で…ではなく、そこで鳴っている音で自然と身体が揺れ、心も踊る。魂が躍動するロックンロールに呼応して、あらゆる感情を喚起されながら踊ることの気持ち良さ。GLIM SPANKYのスペシャル・フリーライヴは、“ロックで体感できる最上の醍醐味”を約1時間のライヴの中でギュッと濃縮しながら、濃密に感じさせてくれた。
オープニングの「サンライズジャーニー」で、バンドとオーディエンスはひと時の音楽の旅の入口に立つ。亀本寛貴(Gu)が刻むリフが、ワクワクする心持ちをクッと後押し。少しずつ新たに視界が開けていくような、端正な音世界。しかし、続く「焦燥」では、一気に空気の色が変わる——ズシンとくる音の深みによって、滑らかに流れていくのではなく、曲ごとに明確なメリハリを付けながらライヴは進められていく。楽曲の個性を際立たせることを意識したであろう、大胆かつ緻密な旅の行程。とりわけ中盤の、疾走する「褒めろよ」からさまざまなフックの効いたミドルチューン「踊りに行こうぜ」への展開は痛快! 音楽を音楽の絵として聴かせるということが見事に体現されていた。
そして、松尾レミ(Vo&Gu)が“物語が見える歌”として聴かせたのが、フォーキーな匂いのする「夜風の街」。淡々としているようで、じんわりと染み入ってくる磁味豊かな歌声が、なんとも切なく、そして温かい。また、バンドにとって最新の楽曲で「リアル鬼ごっこ」が、早くもライヴでの重要なナンバーとなっていたのは大きな意義。この開かれたポップさが放つ華やかさは、GLIM SPANKYの進化のひとつの開化の証だ。

グルービーなアンコール・ナンバー「Flower Song」を含む全13曲のステージ。熱いけれど、クール。盛り上げるための仕掛けを使わずに、歌と音でしっかりとオーディエンスとつながっていく。2人の真摯さもうかがえた、しなやかで強いライヴだった。

text by 竹内美保

photo by 江戸川カエル

【セットリスト】
01. サンライズジャーニー

02. 焦燥

03. MIDNIGHT CIRCUS

04. ダミーロックとブルース

05. MOVE OVER

06. 褒めろよ

07. 踊りに行こうぜ

08. 夜風の街

09. 夜が明けたら

10. リアル鬼ごっこ

11. Gypsy

12. 大人になったら

<ENCORE>

13. Flower Song


関連ニュースRELATED NEWS

音楽ニュースMUSIC NEWS

『7月12日はなんの日?』名曲「ラヴィン・ユー」で知られる70年代の歌姫、ミニー・リパートンの命日

洋楽2020年7月12日

 7月12日は「ラヴィン・ユー」(1975年)の大ヒットで知られる女性シンガー、ミニー・リパートンの命日。  ミニー・リパートンは1947年11月8日、アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。10代の頃から音楽活動をスタートさせたリパートンは、1 … 続きを読む

nano.RIPE、デビュー10 周年記念ベストアルバム発売決定

ジャパニーズロック2020年7月11日

nano.RIPEのメジャーデビュー10周年を記念して、ベストアルバム『月に棲む星のうた〜nano.RIPE 10th Anniversary Best〜』を9月23日(水)にリリースすることが決定した。 今回のベストアルバムは、きみコ作曲 … 続きを読む

DEAR KISS、元ラストアイドル山田まひろ加入で5人体制へ

J-POP2020年7月11日

 美しいボーカルワークとキレのあるダンスが魅力のアイドルグループ・DEAR KISS。今年3月より新メンバーオーディションを開催していたが、元ラストアイドルの山田まひろの加入が明らかになった。  これは本日7月11日に行われた、DEAR K … 続きを読む

福士誠治×濱田貴司=MISSION「“人と人が関われない時代”なんて絶対に言わせちゃいけない!」新型コロナに屈せず――自ら未来切り拓いた夜

J-POP2020年7月11日

 連続ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』やスーパー歌舞伎II【ワンピース】、ミュージカル【スリル・ミー】などで役者として注目を集める福士誠治(vo)。同じく、arp解散後も、舞台やテレビドラマなどの音楽を手掛けている濱田貴司(ke … 続きを読む

シャーリーズ・セロンはスタントマンとしても超一流、トップクラスのアクションシーンは必見

洋楽2020年7月11日

 シャーリーズ・セロンが、不死身の身体を持ち、何世紀にもわたり人類を守り続けてきた特殊部隊オールド・ガードを率いる傭兵アンディを演じるアクション映画『オールド・ガード』が、現在Netflixで配信中だ。  『モンスター』(2003)で【アカ … 続きを読む

page top