Kidori Kidori、ワンマンツアーファイナルにて次なる全国ツアー開催を発表

2015年7月4日 / 13:00

6月28日@東京・代官山UNIT (okmusic UP's)

Kidori Kidoriが6月28日に初のワンマンツアー「Kidori Kidoriと雨やどりツアー」のファイナルを東京・代官山UNITで開催した。

6月3日に初の全編日本語詞 アルバム『![雨だれ]』を発表したばかりとあって、たくさんのオー ディエンスで埋め尽くされた会場。SEの「Tristeza」が流れ出し、サポート・ベースを担当する元BAND Aの汐碇真也を含めたメンバー3人がステージに姿を現すと、一曲目は新作でもオープニングを飾っている「ホームパーティ」でスタート。早速の日本語詞で今のバンドのモードを伝えると、序盤はアッパーな曲を並べ、「Everytime I see you」ではすぐにクラップが起こり、「Say Hello!!(I’m not a slave)」ではコール&レスポンスが交わされる。「大阪のKidori Kidoriです!」という自己紹介を挟んで、彼ららしいダークで攻撃的な「Zombie Shooting」、ダンサブルな「Mass Murder」と、快調に飛ばしていく。

Kidori Kidoriのライブと言えば、マッシュと川元直樹の軽妙なMCも楽しみのひとつ。この日は演奏中にスティックが川元のモヒカンに引っかかるという事件 (?)もあって、モヒカンネタで長々とトーク。そこから「あかん、しゃべりすぎた。今まさにこんな気分や」と言って、3拍子で4つ打ちという不思議なノリの「なんだかもう」へ。そして、「初めてのワンマンツアーのファイナル、特別な日にしたいので、集まってくれた皆さんに捧げます」と 「5/10」が演奏された。また、艶やかなギターとコーラスが印象的な「!」、サンバを用いた「住めば都」と新作からの曲を続け、「住めば都」では途中の「小声で言うわ 名残惜しい」の部分で「愛してるぜ、東京!」と叫び、大歓声が巻き起こった。

「みなさん、馬鹿になれますか?」の呼びかけとともに始まった「Silly」からは再びアッパーな曲を並べ、お馴染みのカバー曲「カントリーロード」では間奏で川元がアカペラを披露。スカのリズムが特徴の「Watch Out!!」、さらには「NUKE?」「Come Together」と人気曲を畳み掛け、フロアがこの日一番の盛り上がりを見せると、「Kidori Kidoriは変なバンドだけど、同じツボの人ともっと出会いたいので、これからもよろしくお願いします」とマッシュから感謝の言葉が伝えられる。そし て「ツボが同じということは、心が通じ合うってことだと思います」と、「コラソン」をしっとりと歌い上げ、本編が終了した。

アンコールではまずマッシュが一人で登場し、弾き語りで「I Laid Down」を披露。そして、「みなさん、何飲みたいですか?」「テキーラ!」というやり取りから、この日最後の曲もやはり日本語詞の「テキーラと熱帯夜」。初の全編日本語詞アルバム、初のワンマンツアーと、意欲的な活動を展開する今のバンドの勢いが確かに感じられる一夜だった。

ライブ中にも発表された通り、9月25日の千葉LOOKを皮切りに約20カ所を巡るツアーが決定した。この度解禁された公演のオフィシャル先行チケットは7月10日から受付が開始される。東名阪は後日発表とのこと。

また、7月3日の21:00より、こちらのワンマンツアーを振り返るUstreamが配信される。東名阪ワンマンツアーそれぞれの映像と、メンバー2人のトークとともに当日を振り返るという内容だ。会場にいた方も、来られなかった方も、是非チェックしてほしい。

photo by 山川哲矢

「なんだかもう」MV
https://www.youtube.com/watch?v=LqfBnE1cxDU

アルバム『![雨だれ]』トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=B4fdNUazCw0

『Kidori Kidori「!」release Tour』
9月25日(金)  千葉LOOK

9月27日(日)  北浦和KYARA

10月08日(木)  神戸太陽と虎

10月09日(金)  京都GROWLY

10月21日(水)  長崎Studio Do!

10月22日(木)  福岡 graf

10月23日(金)  広島4.14

11月06日(金)  静岡UMBER

11月07日(土)  松本ALECX

11月11日(水)  水戸ライトハウス

11月13日(金)  札幌COLONY

11月19日(木)  岡山ペパーランド

11月20日(金)  高松 TOONICE

11月24日(火)  新潟 CLUB RIVERST

11月25日(水)  仙台enn 2nd

11月26日(木)  盛岡the five morioka

※東名阪は追って発表します。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ceroのオンラインライブ【Outdoors】トレイラー映像が公開

J-POP2020年7月14日

 ceroが7月18日に配信する電子チケット制オンラインライブ【cero presents”Outdoors”】のトレイラー映像が公開された。  また、今回のバンドの編成も発表。高城晶平、荒内佑、橋本翼、光永渉、厚海 … 続きを読む

フェーズ1完結のMrs. GREEN APPLE、ライブ映像を2日連続公開

J-POP2020年7月14日

 フェーズ1完結を宣言し、現在活動休止となっているMrs. GREEN APPLE が、『EDEN no SONO Live at YOKOHAMA ARENA 2019.12.08』からライブ映像を2夜連続公開することを発表。第1弾として … 続きを読む

齋藤飛鳥&山下美月&梅澤美波『映像研には手を出すな!』の予告編が公開

J-POP2020年7月14日

 実写映画『映像研には手を出すな!』の予告編が公開された。  9月25日から公開される同作は、大童澄瞳の漫画『映像研には手を出すな!』をもとにした作品。最強の世界を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の姿を、独特な世界観と共に描き … 続きを読む

ジュース・ワールド、薬物依存の苦しみを歌う「Wishing Well」の3DアニメMV公開

洋楽2020年7月14日

 2020年7月10日に発売された遺作アルバム『Legends Never Die』がリリース初日に7460万回再生を記録し、今年リリースされたザ・ウィークエンド、エミネム、バッド・バニーなどによるアルバムの初日再生数を超える実績となり、大 … 続きを読む

ひかりんちょ、音楽活動スタート&第1弾楽曲のMV公開

J-POP2020年7月14日

 ひかりんちょが音楽活動をスタートした。  これまで“嘘のない10代の代弁者”として、SNSや自身のエッセイ本出版など、言葉を紡ぐことで同世代の若者に真っ直ぐな想いを伝えてきた人気TikToker、ひかりんちょ。音楽活動スタートにあたり制作 … 続きを読む

page top