BLUE ENCOUNT、1stフルアルバムの全貌が明らかに

2015年6月13日 / 16:00

BLUE ENCOUNT (okmusic UP's)

BLUE ENCOUNTが7月22日にリリースする1stフルアルバムの詳細と全国ツアー『TOUR2015-2016「≒U」』の日程を発表した。

1stフルアルバムのタイトルは『≒』(読み:ニアリーイコール)。ワンマン・ツアー『TOUR 2015 GRAB THE LIGHT』でも披露され、オーディエンスをロックした楽曲「KICKASS」を含む全11曲入りだ。なお、初回生産限定盤の特典DVDには、6月12日のZepp DiverCityワンマン公演の模様が収められる。

そして、全国ツアー『TOUR2015-2016「≒U」』の日程だが、前回のツアーより規模も会場も拡大され、BLUE ENCOUNT史上最大規模のツアーとなる。こちらのツアーに関しては現在、LINEのお友達を対象にLINE先行の申し込みを受け付け中だ。BLUE ENCOUNTの公式アカウント(ID:@blueencount)をお友だち追加してすることで申し込みが可能になっている。

アルバム『≒』
2015年7月22日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-2601~2602/¥3,333+税

【通常盤】(CD)

KSCL-2603/¥2,600+税

<収録曲>>

1.KICKASS

2.LIVER

3.DAY×DAY

4.JUMP

5.TAKEN

6.EVE

7.MEMENTO

8.ロストジンクス

9.HEEEY!

10.SMILE

11.もっと光を

<特典DVD内容>

全国ワンマンツアー『TOUR 2015 GRAB THE LIGHT』ファイナルとなった6月12日の東京Zepp DiverCity公演の模様を収録

全国ワンマンツアーTOUR2015-2016「≒U」
11月13日(金) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya

11月23日(月) 北海道 札幌 KRAPS HALL

11月28日(土) 香川 高松 オリーブホール

11月29日(日) 広島 広島 CLUB QUATTRO

12月04日(金) 宮城 仙台 darwin

12月06日(日) 新潟 新潟 LOTS

12月13日(日) 福岡 福岡 Zepp Fukuoka

12月18日(金) 大阪 大阪 なんばHatch

<2016年>

1月16日(土) 東京 東京 Zepp Tokyo

1月17日(日) 東京 東京 Zepp Tokyo


音楽ニュースMUSIC NEWS

城 南海、「産声」MV公開&初のYouTube生配信を実施

ニュース2021年1月27日

城 南海が1月27日(水)にリリースした10thアルバム『Reflections』より、森山直太朗作詞作曲の「産声」のミュージックビデオが解禁された。 ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌に抜擢され、注目を集める奄美大島出身の歌姫・ … 続きを読む

AK-69、『LIVE : live from NAGOYA』のライブDVDをリリース! ¥ellow Bucks、R-指定、SWAYらのコメントが到着

ニュース2021年1月27日

AK-69が地元愛知のシンボルかつ国の重要文化財でもある“名古屋城”を背負って開催した配信ライブ『AK-69 LIVE:live from NAGOYA』のライブDVDと配信限定でライブ音源をリリースした。 エンターテイメント業界全体がコロ … 続きを読む

PLASTICZOOMS、アルバム『Wave Elevation』から「The Letter」のMV公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

PLASTICZOOMSが1月27日(水)にアルバム『Wave Elevation』を配信リリースした。 今作は”気の上昇”をテーマにグラデーションを魅せる全12曲を収録。80’s~現在のアンダーグラウン … 続きを読む

『SUCCESS STORY』から振り返る広瀬香美が“冬の女王”と成った必然

ジャパニーズロック2021年1月27日

広瀬香美の新作『歌ってみた 歌われてみた』が1月27日に発売となった。カバー(=歌ってみた)を5曲、他アーティストとのコラボによる自身のセルフカバー(=歌われてみた)を5曲、さらには過去YouTubeやTV番組で披露された即興曲、通称“作っ … 続きを読む

ビッケブランカ、5thシングル「ポニーテイル」の新ビジュアル&アートワークを公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

ビッケブランカが、3月17日(水)にリリースするシングル「ポニーテイル」のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。 今作のアートワークも、ファッションや広告などあらゆるシーンで幅広く活躍するアートディレクターのとんだ林蘭が担当。表題曲の … 続きを読む

page top