【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

2019年2月13日 / 16:14

 

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演を2月7日に豊洲PITで開催した。The Brow Beatは、2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILLINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したバンドプロジェクト。2019年1月1日に発売した2ndアルバム「Hameln」を引っさげて全国7カ所を回った今回のツアーは、バンドとしてのさらなる進化を感じさせる熱い公演となった。

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 この日、開演前から熱気に包まれた会場は、SEの「Hameln」が流れると一気に爆発した。Ryujiの「Are You Ready?」という声とともに始まったオープニングナンバーは「光のアルペジオ」。大きな輝くシャンデリアに赤い布地のカーテンと、まるでどこかのお城にいるかのようなセットがオーディエンスを「Hameln」の世界へと引き込んでいく。「日本」「Hide and Seek」とアッパー曲でさらにボルテージを上げると、「今日がラストなんで悔いを残さないように盛り上がっていきましょう!」とRyujiの語りかけから「Brilliant Transparency」へ。続く「unlost」、「自分が大切だったものを思い出して、聞いていただければ」と紹介して始まった「ドミノ」では伸びやかな歌声でしっとりと歌い上げ、会場を酔わせた。

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 その後、「今日も爆笑トークを繰り広げていこうと思います」と言い残してRyujiが衣装チェンジのためステージを降り、その場をCHIROLYNにバトンタッチ。CHIROLYNはハードルを上げまくった末のRyujiの退出に「あいつ、最悪」とボヤき、「うちの王子には、このツアーでもどんだけぶんまわされたか」と会場を笑わせる。“王子”待ちの間、CHIROLYN、そして鳴風、かどしゅんたろうによるセッションも聞かせた。白シャツにベストというスタイルでRyujiが戻ってくると、引き続き「爆笑トーク」コーナーに。「The Brow Beatは健全なバンドをめざしているんです。R2の未就学児OKでいくので…」とメンバーで「キレイなものしりとり」を行うことに。しかも、負けた人はモノマネをするという罰ゲーム付きだ。音楽を聞かせるときは、激しく、熱く魅せるのに、MCではときに観客も参加させて、ユーモアたっぷりなトークを展開するのもThe Brow Beatならではだ。ちなみに、このときの罰ゲームは、1回目がかどしゅんでマスオさんのモノマネを、2回目がRyujiで「細かすぎて伝わらないモノマネ よくいるYoutuber」と江頭2:50を披露し、爆笑をとっていた。

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 一通り、トークでも会場を沸かせると、HAKUEIを呼び込み、途中にメンバーコールを挟みながら、「CLOWN」「OVER」「Snow White」とオーディエンスを熱狂させる。HAKUEIを送り出したあとは、さらに「Scarlet Syndrome」「ジセイノク」と怒涛の展開。「パラノイド・スター」では拡声器でシャウトし、本編ラストを「メビウス」で締めた。

 アンコールは、「命を大事にしようよって曲」とアナウンスされて始まった「睡蓮」からスタート。楽曲のラストではオーディエンスの「命は風に乗り旅をする 命は歌に乗り旅をする」という歌声が会場を包み、大きな感動を呼び起こした。続いて、CHIROLYNが所属するhide with Spread Beaverの「ever free」をカバー。そして、前日に歌詞を忘れたことが引っかかっているというRyujiの頼みで、特別に「ROCKET DIVE」も披露し、オーディエンスを大いに焚きつけた。その勢いのまま「Browbeat」と続き、会場に銀テープが舞う中、熱のこもったステージを締めくくった。

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 歓声に応えて行われた2度目のアンコールは、恒例のドリンクタイムから始まった。ペリエを持ったHAKUEIが登場し、メンバー全員に注いで回って「乾杯!」。その後も、HAKUEIが「一人キレイなものしりとり」にチャレンジするなどラフな雰囲気でトークが進むも、その空気も曲が始まると一気に加熱する。Ryujiの「いけるか?」という煽りから「Black & Black」、そして「アイリス」でこの日のライブは幕を閉じた。

 メンバーがステージを降りた後、会場ではスクリーンにメンバーからのビデオメッセージが映し出され、6月8日の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブ開催決定が発表された。ビデオメッセージの中でRyujiは「2年連続出られると思ってなかったんで、本当頑張りたいと思います」とコメントを寄せ、会場からは大きな歓声が上がった。

 この日のライブで、一番に感じたのは「進化」だ。前回のツアー、そして昨年の日比谷野外大音楽堂でのライブでは、「音で遊ぶ」とでも表現できそうなほど、楽しそうにロックしてみせたRyujiが、この日は「届ける」ことを意識していたように感じられた。オーディエンスと真正面から向き合って、「聞かせる」。その姿勢は全曲に渡って感じられ、だからこそ、ロックな楽曲はより勢いを持って胸を震わせ、バラードでは感動を呼び起こした。The Brow Beatはデビューわずか2年目。今後もさらなる「進化」を遂げることだろう。まずは、6月8日の日比谷野外大音楽堂でどんな「進化」が見られるのか、楽しみに待ちたい。

(取材・文/嶋田真己)

 この日のライブを収めたDVD「The Brow Beat Live Tour 2019 “Hameln” at Toyosu PIT 2019.02.07」は6月5日発売。The Brow Beat日比谷野外大音楽堂ワンマンライブは6月8日に開催。

公式サイト https://thebrowbeat.jp

公式ツイッター @The_Brow_Beat

The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top