ドラマガイドDRAMA GUIDE

明日の君がもっと好き

2018年冬ドラマ

1月20日から毎週土曜
テレビ朝日系 午後11:05~午後11:59

あらすじ

クセのある男女の恋愛模様 市原隼人が刺激的なラブを見せる

一癖も二癖もある男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げていく新感覚ヒューマンラブストーリー。市原隼人が臨むのは、女性に夢を抱くことができないでいるカメラが趣味の青年役。実生活でもカメラが大好きな市原が劇中で見せるリアルで刺激的な人間&恋愛模様に注目が集まる。

第1話(1月20日放送)

“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに4人の男女が繰り広げる、一筋縄ではいかない恋愛模様を描く。ベテラン・井沢満の脚本による毒を秘めた濃密な人間ドラマも見どころ。老舗造園会社で働く亮(市原隼人)は、クライアントにレンタル植木を納めに行き、男性社員から高嶺の花と仰がれる社長秘書・茜(伊藤歩)のスカートが突風でめくれ上がるのを目にする。その茜に新入社員の遥飛(白洲迅)は、人懐っこく声を掛けるのだった。一方亮は、社長の丹野(柳葉敏郎)から娘の香(森川葵)と結婚して後を継いでほしいと言われ、困惑する。

バックナンバー

  • icon第1話(1月20日放送)

page top