ドラマガイドDRAMA GUIDE

コウノドリ

2017年秋ドラマ

10月13日からTBS系
毎週金曜 午後10:00~午後10:54
※初回は午後10:00~午後11:09

公式サイト

出演者

綾野剛、松岡茉優、吉田羊、星野源、坂口健太郎、大森南朋、浅野和之、江口のりこ、平山祐介ほか

スタッフ

原作:鈴ノ木ユウ

脚本:坪田文ほか

演出:土井裕泰ほか

プロデュース:那須田淳、峠田浩

登場人物

鴻鳥サクラ(綾野剛)
産婦人科医。「BABY」という名を持つ謎多き天才ピアニストでもある。愛情が深く、仲間の医師や患者からの信頼が厚い。

下屋加江(松岡茉優)
研修医から、正式にペルソナの産婦人科に配属。相変わらず暴走する癖があるが、日々成長している。

小松留美子(吉田羊)
助産師長。産婦人科医に対する助産師の立場をわきまえ、理解している。「BABY」の正体を知る人物。

四宮春樹(星野源)
人情派のサクラとは対照的に冷徹で理論派。実は心優しい性格の持ち主で、産科医としての腕は確か。

白川領(坂口健太郎)
新生児科医。同期の下屋とはケンカが絶えない。今橋の指導を仰ぎながら小さな命と向き合っている。

今橋貴之(大森南朋)
新生児科の部長兼周産期センター長。愛想がなく口数も少ないが、小児医療に対して熱い思いを抱く。

大澤政信(浅野和之)
院長。経営者として黒字を目標に奮闘。不足している人材集めに奔走している。

向井祥子(江口のりこ)
メディカルソーシャルワーカー。患者の社会活動や精神的な面をバックアップ。

加瀬宏(平山祐介)
救命救急医。人の命の重さを常に感じているが、その熱い思いは表に出さない。

あらすじ

産婦人科医・サクラが真摯に命と向き合う感動物語の第2弾

2年前の秋に放送され、好評を博したヒューマン医療ドラマの続編。冷静な判断力で患者に優しく寄り添う産婦人科医であり、謎多き天才ピアニスト「BABY」という顔を持つ主人公・鴻鳥サクラ(綾野)の2年後を描く。第1話には、サクラが尊敬する恩師役で佐々木蔵之助が登場。

第6話(11月17日放送)

下屋(松岡茉優)はヘルプに行った産婦人科で自分と同じ「カエ」という名前の妊婦と出会った。胎盤が出ない別の妊婦の処置を一人で行い、下屋はサクラ(綾野剛)から注意される。その後、カエが心肺停止の危険な状態で緊急搬送されてきた。その原因は下屋が気になっていた甲状腺の異常だった…。

バックナンバー


page top