ドラマガイドDRAMA GUIDE

過保護のカホコ

2017年夏ドラマ

7月12日から日本テレビ系
毎週水曜 午後10:00~午後11:00
※初回は午後10:00~午後11:10

公式サイト

出演者

高畑充希、黒木瞳、竹内涼真、三田佳子、西岡徳馬、平泉成、時任三郎ほか

スタッフ

脚本:遊川和彦

演出:南雲聖一ほか

プロデュース:大平太

登場人物

根本加穂子(高畑充希)
就職間際の21歳にして、アルバイトもしたことなく、服も1人で選べない、翌日のタイムスケジュールはすべて母親任せという“奇跡の純粋培養”女子。

根本泉(黒木瞳)
加穂子を溺愛し、娘のすべてを把握していないと気が済まない。

根本正高(時任三郎)
過保護に育った加穂子の将来を案じながらも厳しくできない。

麦野初(竹内涼真)
加穂子と同じ大学に通う学生。いつか画家として成功し、自分を捨てた母親を見返してやりたい。心を閉ざしていたが、加穂子と出会って心が開く?

あらすじ

史上最強の箱入り娘が、眠っていた本当の力を発揮!?

21歳の大学生ながら親の庇護のもと、箱入り娘として大切に育てられてきた加穂子(高畑)。そんな彼女が自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会ったことをきっかけに、少しずつ成長していくホームドラマ。高畑は民放連ドラ初主演。脚本を手掛けるのは「家政婦のミタ」の遊川和彦。

第7話(8月23日放送)

初代(三田佳子)の秘密を知ったカホコ(高畑充希)は泉(黒木瞳)に相談したいが、自立すると宣言した手前、どうしても切りだすことができない。そんな中、イト(久保田紗友)の誕生日が迫る。親戚一同が誕生会を敬遠する中、楽しみにしている初代のためにカホコは奔走する。

バックナンバー


page top