『母と暮せば』チームが二宮和也の受賞に大喜び 黒木華「二宮さんはけん玉がすごくお上手で…」

2016年3月5日 / 12:42
『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木華

『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木華

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『母と暮せば』に出演した二宮和也が最優秀主演男優賞、黒木華が最優秀助演女優賞、吉永小百合が優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。

 司会の西田敏行は黒木について「とても柔らかく優しくて、木綿の肌触りのような感じがする。日本の風土が生み出した女優さんだなと思う。大好きです」と絶賛した。

 昨年も『小さいおうち』で同賞を受賞した黒木は「同じ賞で2回もこの場に立てるとは思っていなかった。これからも地道に精進していきたいと思います」と喜びを語った。

 撮影中のエピソードとして黒木が「(二宮は)けん玉がすごくお上手で、一つ技を決めるたびにできたよという顔をしてくれるところが(ほほ笑ましくて)。初めてだったので緊張していたけど打ち解けることができました」と振り返ると、二宮は「現場の隅っこで(山田洋次)監督に隠れてやっていたので、まさかここでばらされるとは」と苦笑した。

 一方、寝返りを打った際にベッドから転落し、頸椎(けいつい)を亜脱臼した西田はいすに座ったままで司会を務めていたが、優秀主演女優賞を受賞した吉永は左手をギプスで固定した着物姿で登場し「西やんが痛んでらっしゃるので私も一緒に痛みを分かち合いたいと思って。滑って転んで手首を骨折したんです」と明かした。

 吉永は、今回は息子役の二宮の幼少時代の写真を5枚借りて役づくりに励んだといい、「撮影中も時々ひゅっと現れてにこっと笑って、男性だけどフェアリーのように感じました」と語り、ほほ笑んだ。

 最優秀主演男優賞で二宮の名前が呼ばれた際、『母と暮せば』チームが集まったテーブルでは「小百合さんには手の痛みが飛んじゃうぐらい喜んでいただきまして、黙って座っていた山田監督も名前を呼ばれた時はすぐに立ち上がって喜んでくれました」と明かした二宮は「この後キャストのみんなで飲みに行くので祝ってもらおうかな。(賞を)頂いたことが奇跡にならないよう、これからも一つ一つ頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top