『母と暮せば』チームが二宮和也の受賞に大喜び 黒木華「二宮さんはけん玉がすごくお上手で…」

2016年3月5日 / 12:42
『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木華

『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木華

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『母と暮せば』に出演した二宮和也が最優秀主演男優賞、黒木華が最優秀助演女優賞、吉永小百合が優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。

 司会の西田敏行は黒木について「とても柔らかく優しくて、木綿の肌触りのような感じがする。日本の風土が生み出した女優さんだなと思う。大好きです」と絶賛した。

 昨年も『小さいおうち』で同賞を受賞した黒木は「同じ賞で2回もこの場に立てるとは思っていなかった。これからも地道に精進していきたいと思います」と喜びを語った。

 撮影中のエピソードとして黒木が「(二宮は)けん玉がすごくお上手で、一つ技を決めるたびにできたよという顔をしてくれるところが(ほほ笑ましくて)。初めてだったので緊張していたけど打ち解けることができました」と振り返ると、二宮は「現場の隅っこで(山田洋次)監督に隠れてやっていたので、まさかここでばらされるとは」と苦笑した。

 一方、寝返りを打った際にベッドから転落し、頸椎(けいつい)を亜脱臼した西田はいすに座ったままで司会を務めていたが、優秀主演女優賞を受賞した吉永は左手をギプスで固定した着物姿で登場し「西やんが痛んでらっしゃるので私も一緒に痛みを分かち合いたいと思って。滑って転んで手首を骨折したんです」と明かした。

 吉永は、今回は息子役の二宮の幼少時代の写真を5枚借りて役づくりに励んだといい、「撮影中も時々ひゅっと現れてにこっと笑って、男性だけどフェアリーのように感じました」と語り、ほほ笑んだ。

 最優秀主演男優賞で二宮の名前が呼ばれた際、『母と暮せば』チームが集まったテーブルでは「小百合さんには手の痛みが飛んじゃうぐらい喜んでいただきまして、黙って座っていた山田監督も名前を呼ばれた時はすぐに立ち上がって喜んでくれました」と明かした二宮は「この後キャストのみんなで飲みに行くので祝ってもらおうかな。(賞を)頂いたことが奇跡にならないよう、これからも一つ一つ頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。


芸能ニュース

“2度の侵略”を体験したジェフ・ゴールドブラム

『インデペンデンス・デイ』20年を経て最新作 「一致団結すればエイリアンにも」と監督

映画2016年6月29日

 映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』来日記者会見が29日、東京都内の東京スカイツリー展望デッキで行われ、ローランド・エメリッヒ監督と出演者のリアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが出席した。  1996年 … 続きを読む

「カウカウファイナンス」の社長を演じる山田孝之

山田孝之『ウシジマくん』完結にゆるい意気込み 『リターンズ』も?

映画2016年6月29日

 映画『闇金ウシジマくん Part3』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』キャスト発表会見が29日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、やべきょうすけ、崎本大海、最上もが、本郷奏多、白石麻衣、藤森慎吾、筧美和子、浜野謙太、安藤政信、YOU … 続きを読む

ヒロインに決定した有村架純

有村架純、来春の朝ドラヒロインに 「新しい風を吹かせていけたら」

ドラマ2016年6月29日

 NHKが29日、平成29年度前期連続テレビ小説が「ひよっこ」に決まり、ヒロインが女優の有村架純に決定したことを発表した。  13年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの母親の少女時代を演じて大ブレークした有村だが「その時とは180 … 続きを読む

木梨憲武(左)と室井滋

室井滋、13年ぶり『ニモ』続編 役を引きずりプライベートでも“物忘れ”

映画2016年6月29日

 映画『ファインディング・ドリー』の監督来日記者会見が29日、東京都内で行われ、アンドリュー・スタントン監督、アンガス・マクレーン共同監督、日本語吹き替え版キャストの室井滋、木梨憲武、上川隆也、中村アンが登壇した。  この映画は、13年前に … 続きを読む

本当に演技派と監督から絶賛された竹内結子

撮影現場で「振り回され役」の西島秀俊を 竹内結子「イジっていました」

映画2016年6月29日

 映画『クリーピー 偽りの隣人』大ヒット記念トークショーが28日、東京都内で行われ、出演者の竹内結子、藤野涼子と黒沢清監督が出席した。  前川裕氏による原作小説「クリーピー」を映画化したこの作品は、ある夫婦の日常が“奇妙な隣人”への疑惑と不 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top