鈴木亮平、吉田鋼太郎のアドバイス明かす 王様演じるには「一番は大きい声…」

2016年1月28日 / 20:21
宮本亜門氏(左)と鈴木亮平

宮本亜門氏(左)と鈴木亮平

 舞台「ライ王のテラス」制作発表会が28日、東京都内で行われ、出演者の鈴木亮平、倉科カナ、中村中、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭、演出の宮本亜門氏が出席した。実在したカンボジア最強の王、ジャヤ・ヴァルマン7世がアンコール・トムを造営してゆく雄大な愛とロマンを描いた三島由紀夫最後の戯曲を宮本氏がついに舞台化。

 主演を務める鈴木は、最初のあいさつで「今回は本気です。もちろん今までの作品も全部本気でやってきたつもりですけど、今回は一番本気です」と力強く宣言した。

 「なぜかといいますと、クリアしなければならないハードルが多過ぎて…」と笑った鈴木は「まずは三島さんの美しい世界観を表現しなければならない。それと同時に三島さんが(王を)美しい、若い、さわやかな、いろんな形容詞で肉体を褒めちぎるものだから、それに見合うだけの肉体を作り上げなければならない。さらに精神と肉体の対立の話なので、それに見合った精神も高めていかなければならない」と課題を列挙。

 続けて「個人的に世界遺産が大好き。アンコール・トムのバイヨン寺院を作り上げたこの王様の熱量に負けない熱量で臨みたい。僕は負けず嫌いですから、アンコール遺跡とさえ勝負したい。1000年に残る舞台を作りたいと思っております」と意気込みを語った。

 一方で「日本の王様すら演じたことのない僕が…」とプレッシャーも感じている様子の鈴木は、役作りに当たって「これまでさんざん王様を演じてきた吉田鋼太郎さんに、この前相談したんですよ」と告白。

 「『王様をやるに当たって一番必要なことは何ですか?』と。そしたら『大きい声!』とあとは『いつでも誰にでもお前、死刑!って言えること』って…。そういうマインドなんだなと思った」と冗談めかす鈴木に、宮本氏は「それは忘れて、今回は違うから」と慌てて訂正を入れ、笑いを誘った。

 これまでも、ドラマ「天皇の料理番」や映画『俺物語!!』などで、役作りのために体重の増減を繰り返してきた鈴木。「今回は舞台ですから、全身のバランスを見た時にちゃんとカンボジアの王様に見えるようにしたい」と肉体作りのポイントを明かし、宮本氏も「さっきも鳥のささみを味付けなしで食べていた」と暴露していた。

 舞台は3月4日~17日、都内の赤坂ACTシアターで上演。

(前列左から)宮本亜門氏、鳳蘭、鈴木亮平、倉科カナ、中村中、(後列左から)神保悟志、吉沢亮、大野いと

(前列左から)宮本亜門氏、鳳蘭、鈴木亮平、倉科カナ、中村中、(後列左から)神保悟志、吉沢亮、大野いと


芸能ニュース

 プロジェクトのテーマソングを手掛けた小室哲哉

小室哲哉「日本の『ウイ・アー・ザ・ワールド』」 杉良太郎からの駄目出し乗り越えコラボ曲を制作

トレンド2016年7月26日

 厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」が26日、東京都内で行われ、プロジェクトの特別参与を務める杉良太郎、肝炎対策特別大使を務める伍代夏子、肝炎対策大使を務める小室哲哉、AKB48から木崎ゆりあと川本紗矢、EXILEからNAOTOと小林直己、コロッケほかが出席した。 続きを読む

 トレンディエンジェルのたかし(左)と斎藤司

トレンディエンジェル斎藤司、ついに婚約指輪を購入 結婚は11月がXデー?「あっちの誕生日なので」

トレンド2016年7月26日

 ルミネtheよしもとの夏のキャンペーン「フリーライブ~トレンディエンジェルの『斎藤さんゲーム』~」が26日、東京都内で行われ、トレンディエンジェル(斎藤司、たかし)、ジャングルポケットの斉藤慎二と太田博久、谷川友梨が出席した。 続きを読む

6回も登場する木下ゆうか

YouTuber木下ゆうかを全て見つけられるか “バズ動画あるある”満載のカオスな動画が必見?

CM2016年7月26日

 かわい過ぎる大食い女王として人気のYouTuber木下ゆうかが、こっそりと6回も登場しているWEBムービー『侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生』を7月26日、日清食品が公開した。  この動画は、1958年(昭和33 … 続きを読む

本格的な父親役に初挑戦した妻夫木聡

妻夫木聡「いつかは自分も子どもを持ちたいなと思う」 ドラマで“駄目おやじ”役に挑戦

ドラマ2016年7月26日

 NHK夏休みドラマ「キッドナップ・ツアー」の試写会が26日、東京都内で行われ、出演者の妻夫木聡、豊嶋花、原作者の角田光代氏ほかが登壇した。  本作は、小学5年生の女の子ハル(豊嶋)と、離れて暮らす父親タカシ(妻夫木)が、ある夏を舞台に、奇 … 続きを読む

レッドカーペットを歩く長谷川博己

長谷川博己「トム・クルーズになった気分」 TOHOシネマズ新宿前を「ゴジラロード」と命名

映画2016年7月25日

 映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミアレッドカーペットセレモニーイベントが25日、東京都内の新宿歌舞伎町で行われ、出演者の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、大杉漣、塚本晋也と尾上克郎監督、樋口真嗣監督、庵野秀 … 続きを読む

more
page top