『家族はつらいよ』の原案は蒼井優!? 「これから私のことを先生と呼んで」

2016年1月19日 / 19:24
「では先生ということで」と照れた蒼井優

「では先生ということで」と照れた蒼井優

 映画『家族はつらいよ』の完成報告会見が19日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優と山田洋次監督が出席した。

 本作は、山田監督が久々に手掛けた本格喜劇。結婚50年を迎えようとする平田家の主・周造(橋爪)と妻の富子(吉行)に突然起きた“熟年離婚騒動”に大慌てする一家を描く。

 『東京家族』に出演した8人が全く違った家族を演じており、山田監督は「久しぶりに家族の皆さんと会えてとっても幸せな気持ちでおります」と再会を喜んだ。もう一人の家族である夏川結衣については橋爪が「聞くところによると今日はアフリカの方に行っていて来られないということをおわびしたいと思います」と補足した。

 一家の次男を演じる妻夫木は、直前になって山田監督からキャラクター変更を言い渡された。“ピアノ調律師”という役柄のため撮影に入ってからショパンを弾くことが決定したという。「1カ月半ぐらい猛練習しました。『最後のところだけだから』と言われ、そういう問題なのかなと思ったけど、僕なりに頑張ったので、そこにも注目してほしいです」とアピールした。

 蒼井は、本作は『東京家族』の撮影の合間に「みんなで冗談で“崩壊家族”とか“脱線家族”と名付けて勝手に別の話を妄想してストーリーを作っていたことから始まった」と明かし、「実際にみんなで笑いながら話していたことが本当に映画になったことをあらためて実感しています」と語った。

 「妻が欲しがった誕生日プレゼントは離婚届」という物語の始まりは、蒼井が山田監督に話したエピソードが基になっており、山田監督は「彼女の知り合いにそういう人がいたと。びっくりして、申し訳ないけど大笑いしました。だから本当は“原案・蒼井優”としなければいけないかな」と明かした。

 橋爪も「さっきも楽屋で蒼井優が『これから私のことを先生と呼んで』と言っていて、開いた口がふさがらなかった。これからは先生と呼びます」と笑わせた。蒼井は爆笑しながら「正しくは笑ってしまうほどの不幸が起きた私の友人が原案」と弁解したが、山田監督から「でもあなたが興味を持って覚えていたことだからね、先生です」と念押しされると、「では先生ということで」と照れていた。

 映画は3月12日から全国ロードショー。

(左から)西村雅彦、蒼井優、妻夫木聡、山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、中嶋朋子、林家正蔵

(左から)西村雅彦、蒼井優、妻夫木聡、山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、中嶋朋子、林家正蔵


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top