Hey! Say! JUMP冠番組が初の全国放送 飛躍の1年振り返り、今年の漢字は「飛」

2015年12月8日 / 14:13
いただきハイジャンプロゴ

いただきハイジャンプロゴ

 フジテレビ関東ローカルで放送中のHey! Say! JUMPの冠レギュラー番組「いただきハイジャンプ」が、スペシャル番組「いただきSUPERハイジャンプ」として30日に全国フジテレビ系で放送されることが分かった。冠番組が全国放送されるのは同グループにとって初めてとなる。

 「いただきハイジャンプ」はメンバーがドッキリ企画に挑戦する内容で、昨年12月の深夜に単発バラエティー番組として初放送され、放送直後から1000件以上寄せられた視聴者の期待に応える形で今年7月からレギュラーに“昇格”。視聴者から投稿された“世の中の一大事”を解決するため、メンバーが企画内容を一切知らされないまま、さまざまなロケ収録に挑戦している。

 どんな収録内容になろうとNGはなく、一大事解決のめどがつくまで何時間でも続くロケでは、これまで「知らずに心霊スポットに行っても恐怖を感じるのか?」、「東京でカロリー的にコストパフォーマンスが最強の店はどこか?」、「最恐のつり橋はどこか?」といったテーマの検証に体を張って挑み、一大事を解決してきた。

 スペシャル番組は現在、内容を企画中で「メンバーと視聴者の双方が驚くような、スペシャルにふさわしい超困難な一大事に挑んでもらうことになる」という。全国放送決定を知ったメンバーは大喜びし、グループにとっての今年の漢字一字「飛」を表したパネルを手に写真撮影も行われた。

 グループ内でこれまで最も多くの一大事解決に挑戦した髙木雄也は「Hey! Say! JUMPは内弁慶なところがあるのですが、この番組では本当に素の自分たちを出させてもらっていて、ありがたいです」と振り返った。有岡大貴は「この勢いに乗ってこれから先も飛躍していきたいという思いも込めて、この漢字にしました」と思いを語った。

  番組内で“過酷な一大事”担当となってしまった山田涼介は「僕らが挑戦する内容を決めるのは見ていただいている皆さんなので、これからもいろんな一大事を送っていただければうれしいです」とアピールしつつ、「2016年、さらにその先に向けて、もっともっといろんな場で活躍できるようなグループになっていければと思います」とさらなる飛躍に向けて意気込みを語った。

 


芸能ニュース

(左から)野波麻帆、向井理、平田満、蓬莱竜太氏

向井理“イケメン評価”に複雑な思い 「自分でそんなふうに思ったこともない」

舞台・ミュージカル2016年9月30日

 舞台「星回帰線」の囲み取材が30日、東京都内で行われ、出演者の向井理、平田満、野波麻帆、作・演出の蓬莱竜太氏が登壇した。  本作の主人公は、かつての恩人に呼ばれ、彼のもとを訪れた青年・三島(向井)。そこで、自給自足的な生活を送る工房の人々 … 続きを読む

ヒロイン山咲杏の英語吹き替えを務める河北麻友子

河北麻友子“英語”吹き替えに自信あり 恋愛禁止解禁に色気もチラリ

映画2016年9月30日

 映画『GANTZ:O』のプレミア英語版アフレコ収録が30日、東京都内で行われ、河北麻友子が出席した。  本作は、死んだはずの人間たちと謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉氏の漫画『GANTZ』の中でも特に人気が高い「大阪編」を基にしたフル … 続きを読む

桐谷健太

桐谷健太が真夏のビルの屋上で熱唱 「全部出し切った!」

CM2016年9月30日

 俳優の桐谷健太が出演する、豊田自動織機の新CM「創ろうの歌」篇が10月1日から全国でオンエアされる。  このCMは、11月18日に創立90周年を迎える同社にとっては初のテレビCMとなる。「愛される未来を創ろう」というスローガンのもと、「モ … 続きを読む

「お酒が強いから、あまり顔に出ないんです」と橋本マナミ

橋本マナミ、洋服を着たまま半身浴!? お酒で「意識をなくしてしまって…」

イベント2016年9月30日

 シングルモルトウイスキー「ラガヴーリン」の創立200年を祝した記念イベントが29日、東京都内で行われ、タレントの橋本マナミと、ファッションディレクターの干場義雅氏が登壇した。  「ラガヴーリン」はスコットランドのアイラ島で作られる、世界中 … 続きを読む

レコードを持つ指原莉乃

指原莉乃“恋チュン”発売当時の本音は… 「自分的にはまったく好きじゃなかった」

イベント2016年9月30日

 「HMV record shop 新宿ALTA」プレス向け内覧会が30日、東京都内で行われ、ゲストとしてHKT48の指原莉乃が登壇した。  新宿の中心地にアナログレコード専門の同店が10月1日にオープンする。この日は、同店で先行限定販売さ … 続きを読む

more
page top