松本潤ならぬ“松本准教授”が白衣姿で摩擦学の講義 「ここ、テストに出ますよ」

2015年9月28日 / 04:41
大王製紙「エリエール」

大王製紙「エリエール」

 嵐の松本潤が出演する大王製紙「エリエール」の新CM「ひとり暮らし」篇が10月1日から、「松本准教授」篇が同月21日からそれぞれ全国でオンエアされる。

 松本は「このたび、エリエールは新しく生まれ変わりました。CMの中で僕も驚いていますが、これはホントです。皆さんも新しくなった滑らかさ、ぜひ実感してみてください」とアピールしている。

 同トイレットティシューの“優しさ”をテーマにした「ひとり暮らし」篇は、引っ越しをしたばかりの松本のマンションにさまざまな人たちが訪れ、みんなから引っ越し祝いにトイレットティシューをもらうというストーリー。

 引っ越しの片付けをしている松本宅に「どう片付いた?」とエリエールを片手にやって来たのは友人夫妻。その後も、「先輩、引っ越し祝い」とエリエールを携えた後輩が来たかと思えば、隣人や回覧板を持った大家までもがこれに続く。

 その“優しさ”に触れ感動する松本だが、母親から送られてきた段ボールを開けると、ここにもエリエールが…。ほほ笑みながらも「母さん使いきれないよ…」とポツリと本音をこぼす姿が印象的だ。

 また“滑らかさ”をテーマにした「松本准教授」篇は、松本潤ならぬ、“松本准教授”が主人公。摩擦の講義中に、ふと手に取ったティシューの滑らかさに驚き、さらにパッケージも変わったことに驚いた松本准教授は、悩んだ末に「休講にします!」と宣言して突然教室を出ていってしまう…というコミカルな内容だ。

 撮影現場に白衣姿で登場した松本は、総勢37人の学生たちを前に教壇に立ちスタンバイ。そんな中、監督の「スタート!」の掛け声で撮影は始まった。

 「動摩擦力が速度によらず一定であることから…」となにやら難しい数式を黒板に書きながら「ここ(テストに)出ますよ!」と学生たちに向かって一言言うシーン。

 途中までは順調に准教授に成り切っていた松本だが、たくさんの学生たちとバチッと目が合った途端に笑いのツボにはまってしまったのか、思わず吹き出してNGに。つられて会場の学生も思わず笑みをこぼす、和やかな撮影現場となった。


芸能ニュース

主演の綾野剛

綾野剛“不謹慎な問題作”をアピール 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学んで」

映画2016年6月25日

 映画『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。  本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最 … 続きを読む

二階堂ふみ(左)と小泉今日子

二階堂ふみ「170センチぐらいになると思っていた」 小泉今日子に「四の字固めをかけられた」

映画2016年6月25日

 映画『ふきげんな過去』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、前田司郎監督が出席した。  本作は、小泉と二階堂が初共演した人間ドラマ。退屈な日々を送っていた女子高生の果子(二階堂) … 続きを読む

神木隆之介

長瀬智也「生まれ変わったらクドカンになりたい」 長瀬&桐谷健太「一番鬼だと思うのは神木隆之介」

映画2016年6月25日

 映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、宮藤官九郎監督ほかが登場した。  本作は、命を失い地獄に落ちた高校生の大助(神 … 続きを読む

黒木瞳監督

黒木瞳、初監督作公開までの苦労を振り返る 木村佳乃「監督としては非常に厳しかった」

映画2016年6月25日

 映画『嫌な女』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井、黒木瞳監督が登壇した。  桂望実氏のベストセラー小説を映画化した本作は、堅物弁護士と天才詐欺師という立場も境遇も違う対照 … 続きを読む

チュチュ風衣装を着こなした渡辺美奈代

渡辺美奈代、膝上20センチミニスカでさんみゅ~に勝利宣言 「すごく心配」と新田恵利を気遣う

アイドル2016年6月25日

 6人組アイドルグループさんみゅ~による定期公演「純白歌合戦」#2が24日、東京都内で行われ、報道陣に公開された開催前リハーサルに、さんみゅ~と渡辺美奈代が出席した。  1980年代アイドルの継承を掲げ、活動しているさんみゅ~が今年4月から … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top