悪に墜ちた理由がついに明らかに?! 『バットマン vs スーパーマン』最新予告が到着

2016年2月2日 / 10:00
悪に墜ちた理由がついに明らかに?! 『バットマン vs スーパーマン』最新予告が到着 画像1

 2大ヒーローによる夢の共演を描いた映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の最新予告編が解禁され、ヒーロー2人の日常の姿が明らかとなった。

 華やかなパーティー会場で、新聞記者からバットマンについて尋ねられた男が不敵に笑うシーンで映像は始まる。声をかけられたブルース・ウェインは、世界有数の資産家であり、大企業ウェイン・インダストリーを統括する大富豪。夜は高級車でパーティーに繰り出し美女たちとハデに騒ぐプレイボーイだが、彼は夜が深まった頃、バットマンとしての活動を開始する。一方のクラーク・ケントはデイリー・プラネット社で働く、メガネをかけた生真面目な新聞記者だが、その真の姿は、家族と愛する女性との出会いによって世界を守るための行動を開始した“地球最強の男”スーパーマンだ。

 彼らは、自分の周りの人々に危害が及ばぬよう、自身がヒーローであることをひた隠しにしながら孤独に戦い続けてきた。しかし、ヒーローとしての互いの存在は認識しており、バットマンの恐怖で悪を支配する正義を批判するクラーク・ケントと、強大過ぎる力を持つスーパーマンを持ち上げる記事を書き続けるデイリー・プラネット社の記者であるクラークの間には一触即発の危機感が立ち込める。そこに突如現れ「世紀の対面だ」と嬉しそうに割り込んでくる謎の男、レックス・ルーサー。2人の正体を知っているかのように振る舞うこの男は、いったい何者なのか。

 行き過ぎた正義で批判されるバットマンと、超人的能力を持ち人類から巨悪とみなされ「過大な力は害をもたらす」と恐れられていくスーパーマン。彼ら2人の“世紀の対面”はやがて“世紀の対決”へと姿を変えていく。また、映像の最後に登場する謎の生物の正体とは?『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、3月25日より全国ロードショー。

◎映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』予告編
https://youtu.be/fpGhE7Jeuiw


音楽ニュース

鈴木雅之、星屑スキャットら、『The Covers』8月ラインナップ 画像1

鈴木雅之、星屑スキャットら、『The Covers』8月ラインナップ

J-POP2016年7月30日

 鈴木雅之、星屑スキャットなど、BSプレミアム『The Covers』の8月ラインナップが決定した。  ジャンルや世代を超えたアーティストたちが影響を受けた曲や思い出深い曲を魅力的なアレンジでカバーする『The Covers』。8月8日は、 … 続きを読む

“メロウの貴公子”チャーリー・プース&セレーナ・ゴメスの掛け合いが見事な最新R&Bソング(Song Review) 画像1

“メロウの貴公子”チャーリー・プース&セレーナ・ゴメスの掛け合いが見事な最新R&Bソング(Song Review)

洋楽2016年7月30日

 2015年、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の挿入歌として起用され、主演を務めた故・ポール・ウォーカーの追悼曲として大ヒットした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」。この曲のフックを歌った、「あのイケメンシンガー … 続きを読む

Shout it Out (okmusic UP's)

Shout it Out、メジャーデビュー記念2マン名古屋公演のゲストはLAMP IN TERREN

ジャパニーズロック2016年7月30日

Shout it Outのメジャーデビューシングルリリース記念2マンツアー「Shout it Out presents “虎の威を借り、狩られる狐"」名古屋公演に、LAMP IN TERRENがゲスト出演することが発表となった。 … 続きを読む

大森靖子 (okmusic UP's)

大森靖子、新曲「ピンクメトセラ」MV公開&ニコ生の配信が決定

J-POP2016年7月30日

先日【ワンダーロマンス三連福】と題し8月から3ヶ月連続シングルをリリースすることを発表した大森靖子が、その第1弾となる8月24日発売のシングルに収録される「ピンクメトセラ」のMVを公開した。 既にこの楽曲がWEBアニメ『逃猫ジュレ』のテーマ … 続きを読む

【Chart insight of insight】祝!100回チャートイン 秦 基博の名曲「ひまわりの約束」がいまだに上位に鎮座する理由 画像1

【Chart insight of insight】祝!100回チャートイン 秦 基博の名曲「ひまわりの約束」がいまだに上位に鎮座する理由

J-POP2016年7月30日

 タイアップを取ればヒットするとは限らないのだが、上手くハマれば楽曲が独り歩きして国民的な名曲へと育っていく。一時期に比べると、そんな楽曲が生まれにくい状況ではあるが、それでも時折、世代を超えて愛される歌が生まれることがある。  秦 基博の … 続きを読む

more
page top