マオ(シド)×tatsuo×カリスマカンタローによる「イケVプロジェクト」が全パート合格者を発表

2015年12月10日 / 20:00
マオ (okmusic UP's)

マオ (okmusic UP's)

12月12日(土)18:00よりニコニコ生放送で放送される「イケVプロジェクト #6」にて、「イケVプロジェクト」すべてのパートの合格者が発表されることがわかった。

「シド」のマオ(Vo)、ゴールデンボンバー他多数のプロデュースを手掛けるtatsuo、多方面で活躍しているダンサーでありプロデューサーのカリスマカンタローの3名がプロデューサーとなり、「V系ダンスバンド」を作り上げるオーディションプロジェクト「イケVプロジェクト」。

毎月一回、池袋ニコニコ本社サテライトスタジオよりニコニコ生放送でプロジェクトの行方を追うドキュメンタリー番組が放送されているが、前回11月26日の生放送では、東京、六本木のニコファーレより最終ヴォーカリストオーディションが生中継された。今回のその審査を受けて、全パートの合格者が発表となる。

オーディションでは、バンド部門、プレイヤー部門(ヴォーカル・ギター・ベース・ドラム各パート)、ダンス部門、ダンスヴォーカル部門で募集され、まさに未知の「V系ダンスバンド」を作り上げることが目的とされている。前回放送で公開オーディションを行ったヴォーカルはもちろん、すべてのパートの合格者が発表されるので、これから作り上げられていくバンドの歴史の第一歩を目撃しよう。

■イケVプロジェクトTwitter

https://twitter.com/IkeV_Project

【配信概要】
ニコニコ生放送「イケVプロジェクト」

「イケVプロジェクト#6」生放送

12月12日(土)18:00〜

番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv244660750

※タイムシフト視聴あり


音楽ニュース

go!go!vanillas (okmusic UP's)

go!go!vanillas、集まらないと完成しない!? MVエキストラを大募集!

ジャパニーズロック2016年12月4日

go!go!vanillasが2017年1月18日(水)にリリースする3rdシングル「おはようカルチャー」のミュージックビデオのエキストラ出演者55名を急遽募集! 参加者は12月10日(土)12時に東京・新宿某所集合となり、送迎バスで約1時 … 続きを読む

山嵐 20th Anniversary 『RED ROCK TOUR』 フライヤー (okmusic UP's)

山嵐、2017年全国ツアー『RED ROCK TOUR』の対バン相手発表

ジャパニーズロック2016年12月4日

山嵐が2017年に行なう全国ツアー『山嵐 20th Anniversary 「RED ROCK TOUR」』の対バン相手を発表した。 このツアーは結成20周年を迎え、2016年にリリースしたアルバムを引っさげての約7年ぶりの全国10箇所を回 … 続きを読む

アルバム『大人のJ-POPカレンダー(1月 新年)』 (okmusic UP's)

レコード会社5社による『大人のJ-POPカレンダー』シリーズ第1弾3作品が12月7日に同時発売

J-POP2016年12月4日

レコード会社5社の共同CD企画『大人のJ-POPカレンダー』シリーズが、12月7日の第1弾3作品リリースをもってついに始動する。 『大人のJ-POPカレンダー』シリーズは、前述のとおりレコード会社5社の共同CD企画(ソニー、ユニバーサル、ビ … 続きを読む

J・ティンバーレイクがトータル・プロデュースを手掛ける『トロールズ』サントラ盤、全米大ヒットの理由とは?(Album Review) 画像1

J・ティンバーレイクがトータル・プロデュースを手掛ける『トロールズ』サントラ盤、全米大ヒットの理由とは?(Album Review)

洋楽2016年12月4日

 アナ・ケンドリックやジェームズ・コーデン、シンガーのグエン・ステファニーなど、スーパースターたちが声優を務めたことで、公開前から大きな話題を集めていた、ドリームワークスの最新アニメーション映画『トロールズ』。アメリカでは2016年11月4 … 続きを読む

KANA-BOON (okmusic UP's)

KANA-BOON、TVアニメ『機動戦士ガンダム』第2期の新OPテーマを担当

アニメ2016年12月4日

KANA-BOONがMBS・TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期の新オープニングテーマとして、新曲「Fighter」を提供することが明らかになった。 「Fighter」は“戦場での一瞬の輝き”をテーマにした力強い楽 … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top