TOWER RECORDSのポスターに山田洋次監督&坂本龍一が登場

2015年11月17日 / 12:00
TOWER RECORDSのポスターに山田洋次監督&坂本龍一が登場 画像1

 TOWER RECORDSの「NO MUSIC, NO LIFE.」キャンペーンの意見広告シリーズに山田洋次監督と坂本龍一が登場することが決定した。

 本キャンペーンは、音楽を応援するために1996年にスタート。2008年からは、音楽(MUSIC)と世の中(LIFE)との接点を語る意見広告として様々なアーティストが参加している。坂本龍一は、12月12日に公開される山田洋次監督最新作『母と暮せば』の音楽を担当しており、今回のコラボ実現に至った。本キャンペーンは、11月17日より全国のタワーレコード全86店にて、約2か月にわたって展開される予定だ。

◎山田洋次監督メッセージ
「歌を忘れたカナリアは…」という童謡が昔あったけど、今の日本人は歌うことがない。更に云えば歌うことを奪われていると思う。 ぼくたちは自分の歌をうたうことをとり戻さなくてはならない。 

◎坂本龍一メッセージ
約1万年前まで、人類は長い定常状態のなかで暮らすことが多かった。その遺伝子は今でもぼくたちのなかに受け継がれている。しかし現代、特に20世紀以降、社会環境、自然環境、おまけに気候まで常に変動するなかにぼくたちは置かれている。
体や心にいろいろな不具合が生じるのも当然だ。
音楽は必ずぼくたちの思考や心から生じるので、そのような激変に常にさらされていることは音楽に大きな影響を与えるだろう。そのなかにあって常に変わらぬものを求めることも、また音楽なのである。


音楽ニュース

2010年代リスナーのための新しいマイルス・デイヴィス・ガイドが登場 グラスパー、キング、ハイエイタス・カイヨーテらがマイルスの遺産を“再考” 画像1

2010年代リスナーのための新しいマイルス・デイヴィス・ガイドが登場 グラスパー、キング、ハイエイタス・カイヨーテらがマイルスの遺産を“再考”

洋楽2016年6月30日

 生誕90年、没後25年となる今年、再び脚光を浴びるジャズの巨人=マイルス・デイヴィスを、現在の視点で多角的に読み解くガイドブック『MILES:Reimagined 2010年代のマイルス・デイヴィス・ガイド』が6月29日に発売された。   … 続きを読む

公式ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』日本版特報解禁 画像1

公式ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』日本版特報解禁

洋楽2016年6月30日

 ロン・ハワード監督によるザ・ビートルズ(The Beatles)のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK – The Touring Years』。2016年9月22日の公開に向け、日本版特報 … 続きを読む

「My Way」Teaser ver.1 (okmusic UP's)

當山みれい、清水翔太プロデュースの新曲「My Way」MVティーザーを公開

J-POP2016年6月30日

當山みれいが7月27日発売の1stアルバム『My Way』より、新曲「My Way」のミュージックビデオティーザーを公開した。 清水翔太完全プロデュースによる本楽曲のミュージックビデオには、當山みれい本人と同世代である共に15歳のモデル・樫 … 続きを読む

The Super Ball (okmusic UP's)

The Super Ball、アニメ『不機嫌なモノノケ庵』オープニングテーマ「トモダチメートル」のMVを公開

アニメ2016年6月30日

The Super Ballのメジャーデビュー曲「トモダチメートル」のMVが公開された。 7月20日にメジャーデビューを飾る佐々木陽吾(Gu&Vo)と吉田理幹(Pf&Vo)からなるツインヴォーカルユニット、The Super Ball。先日 … 続きを読む

新『インデペンデンス・デイ』キャストがスカイツリーに集結 3作目の可能性は? 画像1

新『インデペンデンス・デイ』キャストがスカイツリーに集結 3作目の可能性は?

洋楽2016年6月29日

 6月29日に『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の来日記者会見が、“日本で一番宇宙に近い”東京スカイツリーで行われ、ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが登壇した。  本作は19 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top