トム・クルーズ、体当たりなバイクアクションのメイキングが公開

2015年7月24日 / 07:00
トム・クルーズ、体当たりなバイクアクションのメイキングが公開 画像1

 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に主演するトム・クルーズによるノースタントの超高速バイクアクションのメイキングシーンが解禁となった。

 解禁されたのは、イーサン・ハント(トム・クルーズ)が謎の女スパイ、イルサを超高速でチェイスするシーンのバイクアクションのメイキング映像。標高差300メートルのアトラス山脈の曲がりくねる山道を敵の襲撃を受けながら猛スピードで駆け抜ける。このシーンももちろんトム・クルーズ自身によるノースタントで、しかもノーヘルメットで山道のカーブには車体を傾け疾走、敵のバイクによる体当たりなど過激なシーンを実際に撮影した。トムは「今回のバイクアクションはCGを使わず、自分で運転した。かなり過激なアクションだった。安全面は度外視し、全開でドリフトした」と語っている。

 また、数々のノースタントアクションに挑むトム・クルーズについて、監督のクリストファー・マッカリーは「トムの素晴らしいところは、彼が自分の仕事をものすごく愛していて、すべて観客のためにやっているということだよ。とにかく彼は人を楽しませることが大好きなんだ。自分たちが五里霧中だ、という気持ちになっているときでも、トムは、『こんなことは初めてじゃないよ。今までにも何百万回も経験しているよ。だから大丈夫だ。絶対に大丈夫だよ』と言ってくれる。彼はまさに、映画制作マシンだよ」コメントしている。本作は8月7日より全国ロードショー。

◎『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』バイクアクションメイキング 
https://youtu.be/mT5Kxj4V3XA

 


音楽ニュース

Hilcrhyme (okmusic UP's)

Hilcrhyme、結成10周年第1弾シングルの新ビジュアル&ジャケ写を解禁

J-POP2016年5月17日

Hilcrhymeが今秋公開予定の初3D LIVE 映画『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』の主題歌となる結成10周年第1弾シングル「パラレル・ワールド」を6月1日(水)より … 続きを読む

新世代ポップアイコン宅録女子・ラブリーサマーちゃん USロック風新曲の360°MV公開 画像1

新世代ポップアイコン宅録女子・ラブリーサマーちゃん USロック風新曲の360°MV公開

J-POP2016年5月16日

 多様な音楽性と確かなポップセンスで“新世代ポップアイコン”の呼び声も高い現役大学生20歳の宅録女子・ラブリーサマーちゃん。4月から3か月連続で完全限定シングルを発表しているが、5月18日にリリースが迫る第2弾「PART-TIME ROBO … 続きを読む

杏窪彌(アンアミン) (okmusic UP's)

杏窪彌(アンアミン)、新曲「ジャイアントパンダにのってみたい」MV公開

J-POP2016年5月16日

6月15日に2ndミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』をリリースするエキゾチックポップバンド・杏窪彌(アンアミン)が、表題曲「ジャイアントパンダにのってみたい」のミュージックビデオを公開した。 MVの監督をつとめたのは杏窪彌とも … 続きを読む

ウルフルズ、全国ネット・新番組がスタート!新曲もOA! 画像1

ウルフルズ、全国ネット・新番組がスタート!新曲もOA!

J-POP2016年5月16日

 2016年6月4日(土)から、FM OSAKAをキーステーションとしたJFN38局ネットでは、土曜日の朝、休日のお昼前に、ウルフルズの楽曲とメンバーのトークで、あたたかく、前向きになれるラジオ番組がスタートする。    毎週ウルフルズのメ … 続きを読む

T.M.Revolutionと小田和正とのオールタイムベスト対決、結果は? 原田知世のセルフカバー第2弾もTOP5入り 画像1

T.M.Revolutionと小田和正とのオールタイムベスト対決、結果は? 原田知世のセルフカバー第2弾もTOP5入り

J-POP2016年5月16日

 5月25日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、T.M.Revolutionのデビュー20周年記念したオールタイムベストアルバム『2020 -T.M.Revolution A … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top