【インタビュー】『さらば あぶない刑事』舘ひろし&柴田恭兵 「悔いはない」「ちゃんと終わりですよとプレゼントできる作品」

2016年1月29日 / 12:00

 1986年に日本テレビの連続ドラマとしてスタートした「あぶない刑事」が、30日に公開される劇場版第7作『さらば あぶない刑事』でついにその幕を閉じる。タカ&ユージとしてシリーズをけん引してきた舘ひろしと柴田恭兵がこのほどインタビューに応じ、これまでの思い出、最後の「あぶデカ」に込めた思い、そしてファンへの感謝を語った。

 

舘ひろし(左)と柴田恭兵

舘ひろし(左)と柴田恭兵

―最後の「あぶデカ」を撮るに当たって事前にミーティングが行われたということですが。

 初めて監督、プロデューサー、脚本家、柴田、舘とで話し合いました。今までの「あぶデカ」は非常に軽く軽く仕上げようとして、つじつまが合わないこともジョークでごまかすというか…(笑)。今回はちゃんとしたハードボイルド、原点に回帰しようという思いがあったので。基本的には非常にシンプルなストーリーで、アドリブは恭サマがやりたいことにその場で対応していけばいいと。

柴田 以前の映画では、タンカーを最後に両手で止めるとか。今回の本をいただいた時にもアドリブを考えていたので、「脚本からもうちょっと膨らませますよ」と言いました。言っておかないと時間の関係もあるし、カットされないようにね(笑)。

―30年もの間、長く愛され続けてきた要因は何でしょう。

 今、こういうジャンルの映画ってないと思うんです。みんな真面目じゃない? ハチャメチャな大人たちがエンターテインメントをするようなジャンルはないから、それが支持されている気がします。ハチャメチャじゃないといけないと思っているんだけど、そのハチャメチャ度が難しい。やりすぎると捕まっちゃうしね。だから“あぶない刑事”(笑)。

柴田 本当はもっと年を取って70歳を過ぎてからやろうという思いもあったんです。そうしたら体力的にも言い訳ができる。逆に、今やらせてもらって大変だけどそこで一生懸命頑張るのも格好いいんじゃないかと。

 昔は60歳を過ぎたらもっとドンと(体力が)落ちると思っていたんですよ。でもそれなりにできちゃった。だからきっと70歳過ぎてもそれなりにできちゃうんだよ。

柴田 今回も、最後だからアクションもやりましたよ。腰とか結構きましたけど。アクションで使う筋肉は普段鍛えられないですから。アクションの時は実年齢のテロップを入れてほしいぐらい(笑)。

―では、お二人にとって「あぶデカ」はどんな存在ですか。

 帰る場所というより、自分を前に進めてくれる作品のような気がします。役柄よりも、恭サマとの共演が今の自分をもう一歩前に進めてくれるんです。いつも新しいものを吸収することがたくさんある。

柴田 舘さんにウケるにはどうしたらいいかということしか考えていないです。舘さんにウケたら世界中に通用する。僕にとっては元気になる作品です。大河ドラマで時代劇をやったり、集中して一生懸命やって手応えみたいなものを感じる作品もあるけど、「あぶデカ」は全然違いますね。現場に行けば若返るような。

―劇中ではタカとユージが定年後の夢を語るような場面もありますが、今のお二人の夢は何ですか。

 この映画がヒットすることです。他にもいっぱいあるんですよ、夢だらけなんです。

柴田 この映画を見終わって、ちょっと元気になってもらえたら。それだけでうれしいです。

 本当に個人的な夢は、何でもいいけど渡(哲也)と映画を撮りたい。レトロっぽい感じで、俺がどうしようもないワルをやりたい。どんな映画でもいいけど、二人でできたらうれしいな。

―本当に「あぶデカ」は今回で終わりなのでしょうか。悔いはなくベストを尽くしたということですか。

 終わりなんですよ。本当に悔いはないですね。人生丸ごと悔いはない。

柴田 寂しさとかそういうこともない。応援してくださったファンの方に、ちゃんと「終わりですよ」とプレゼントできる作品になってホッとしています。


特集・インタビュー

こう役の長野里美

「もしも元気のない芸者がいたらというコントを参考にしたら…」 長野里美(こう)【真田丸 インタビュー】

ドラマ2016年5月20日

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、主人公、真田信繁(堺雅人)の兄、信幸(大泉洋)の妻こうを演じている長野里美。病弱な体にむち打って信幸に尽くし支えるが、過酷な運命に見舞われる。長野がこうの悲哀と覚悟を語る。   -出演が決まった時 … 続きを読む

小橋鉄郎役の向井理

「人の家に入る時はちゃんとノックはしますよ」向井理(小橋鉄郎)  【とと姉ちゃん インタビュー】

ドラマ2016年5月20日

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、父・竹蔵(西島秀俊)の弟で三姉妹の叔父・鉄郎を演じている向井理。幼くして両親を亡くし、竹蔵と共に兄弟二人だけで生きてきたが、性格は兄と違いきわめていい加減。定職にも就かず、もうけ話を追い求めて全国を渡り歩 … 続きを読む

ナレーションを担当した小澤征悦

映画『アメリカ・ワイルド』の案内人、小澤征悦 「“俺でいいのかな”って…」

映画2016年5月19日

 アメリカ国立公園の大自然や絶景を巡る映画『アメリカ・ワイルド』が21日から公開される。オリジナル版でロバート・レッドフォードが務めた案内人を、日本版では俳優の小澤征悦が担当。実際にアメリカ留学経験のある小澤が作品の魅力や、アメリカへの思い … 続きを読む

加藤清正を演じている新井浩文

【コラム 2016年注目の俳優たち】第2回 三谷ワールドで異彩を放つ「真田丸」新井浩文&深水元基

ドラマ2016年5月16日

 1月の放送開始以来、快調な展開を見せている大河ドラマ「真田丸」。  第14回「大坂」からは舞台を大坂に移し、豊臣一門の人々が表舞台に登場してきた。演じる多彩な俳優陣の顔ぶれも好評で、豊臣秀吉役の小日向文世を筆頭に、石田三成に山本耕史、大谷 … 続きを読む

(C) 2016「殿、利息でござる!」製作委員会

【映画コラム】無名の者たちの心意気や生きた証しを描いた『殿、利息でござる!』

映画2016年5月14日

 磯田道史の評伝集『無私の日本人』所収の短編を映画化した『殿、利息でござる!』が公開された。監督、脚色の中村義洋が、笑いあり涙ありの痛快娯楽時代劇として仕上げている。  江戸時代中期、重い年貢の取立てや労役で疲弊した仙台藩の宿場町、吉岡宿。 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top